おやつ

産後ダイエットにおすすめおやつ5選!キレイに痩せる選び方のポイント

つぼみママ
つぼみママ
産後はすぐお腹が空くし、食欲のコントロールが難しいし、おやつが食べたい・・・!

もう、食べたくて食べたくて仕方がないつぼみママ(@specialyogalife)です、こんにちは!

早く以前の体型に戻したい…と焦る気持ちが出てくるものですが、この時期に無理なダイエットは禁物。出産で負担のかかった身体を回復させ、毎日の育児でヘトヘトの心身を健康に保つには、通常よりもたくさんのエネルギーが必要ですもん。

母乳育児ならなおさら。ママの食べたものが母乳を作るから、必要な栄養素をしっかり摂り、バランスの良い食生活を送ることが大切ですよね。

おやつも食事の一部と考えて、産後に摂りたい栄養素を補いながら、食べたい!の気持ちを満たすことが大事って思って、今は間食もいろいろ選んでいます。

育児もダイエットも頑張るママへ、産後ダイエットにおすすめのおやつ、4児ママつぼみ目線で5つご紹介しちゃいまーす^^

産後ダイエットおすすめおやつ5選!

産後の私のおやつ産後の私のおやつ

産後に限らず、ダイエット中におすすめのおやつは

  • 歯応えがあるもの
  • たんぱく質、ビタミン・ミネラル等、身体を作るのに必要な栄養素が補えるもの

です。

歯応えがあると自然と噛む回数が増え、満腹中枢がしっかり刺激されて、食べ過ぎの予防になります。

栄養素については、産後は特に、カルシウム、鉄分、食物繊維を意識すると良いですね。

>>悩み過ぎも要注意!授乳中でもOK!コンビニおすすめおやつ5選もありますよ^^

おすすめおやつ① プレーンヨーグルト

ヨーグルトはたんぱく質が豊富で、カルシウム補給にもなるお役立ち食材です。ダイエットを意識するなら、ヨーグルトは砂糖が入ったタイプではなく、無糖・低脂肪の商品を選びましょう。

甘みをプラスしたければ、フルーツをトッピング。ビタミン・ミネラル、食物繊維も補給でき、栄養的にもバランスが整います。鉄分補給になる、きな粉もおすすめです。

妊娠中からカルシウムは不足しがちですし、授乳中も母乳から赤ちゃんにカルシウムが供給されるので、しっかり摂ることが大切です。

産後はメンタル面も不安定でイライラすることも多いので、カルシウムは精神の安定にも役立ちますよ^^

また、筋肉を付けたい!という産後ママならタンパク質の多めのカスピ海ヨーグルトなんかもおすすめです。

おすすめおやつ② 煎り大豆、豆乳

大豆製品は鉄分が多く含まれています。また、身体を作るのに欠かせないたんぱく質や、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンも豊富です。

ポリポリとした食感の煎り大豆は歯応えがあり、満足感が得やすい点もダイエット向きのおやつです。

豆乳を温めて飲むのもおすすめです。温かい飲み物が胃に入ると、空腹感が和らいで食べ過ぎの予防にもなりますよ。

出産では多くの血液が失われますから、産後は貧血気味になるママも多いです。身体のだるさ、強い眠気、頭痛などの症状があるなら、鉄分不足からの貧血のサインかも。

また、母乳は血液で出来ていますから、ママが鉄分不足だと母乳を飲む赤ちゃんも鉄分不足になることも。鉄分は普段の食事でも、意識して摂らないと不足しがちな栄養素です。おやつで上手に補給しましょうね!

おすすめおやつ③ 生のフルーツやドライフルーツ

ドライフルーツ↑よく買うドライフルーツやナッツ類

産後はお肌の調子がいまひとつ…と感じるママも多いでしょう。肌のバリア機能が低下して、肌荒れしやすい状態になるようです。

お肌の調子を整えるのに役立つビタミン・ミネラル、腸内環境を整える食物繊維が豊富なフルーツをおやつに取り入れてみましょう。

常備しやすいドライフルーツも良いですが、水分が除かれている分、少量でも糖質の摂り過ぎになることも。ダイエット中は食べ過ぎないように注意しましょう。

砂糖が使われていない、素材そのものの甘みを楽しめる商品を選んでくださいね。プルーンは鉄分も豊富なので特におすすめです。

おすすめおやつ④ 干し芋、焼き芋

さつま芋レンチンで簡単!さつま芋

芋は糖質が多いのに、ダイエット中に食べても良いの?と思うかもしれませんね。確かに糖質の多い食材ですので食べ過ぎはNGです。

しかし食物繊維が豊富に含まれているので、甘いお菓子に比べると血糖値の上昇が緩やかという特徴があります。血糖値が急上昇すると、食べたものが体脂肪として蓄積されやすくなります。

はじめに紹介したヨーグルトと一緒に食べる組み合わせもおすすめ。ヨーグルトのたんぱく質で胃の中に糖の吸収を抑える膜を作ってあげてると、血糖値の上昇がよりゆるやかになってくれますよ^^

先にご紹介したフルーツもですが、ダイエット中は食物繊維を意識してみるのがポイント!産後になりやすい便秘の解消にも役立ちます。

自然の優しい甘みを感じられる食材ですから、甘いものを食べたい!という欲求も満たしてくれます。干し芋は噛み応えもあるので満腹中枢がしっかり刺激され、小顔効果も期待できますね。

つぼみママ
つぼみママ
兄弟姉妹がいるママなら、子供とおやつを共有できるのも楽ですよね!

おすすめおやつ⑤ ナッツ

ナッツ類は、抗酸化作用が期待できるビタミンEや、皮膚や髪をつやつやにするのに欠かせない亜鉛をはじめとしたミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

脂質が多いので、食べ過ぎるとカロリーオーバーの原因になってしまいます。5~6粒程度で約50kcalという数字を目安にして、他のおやつと組み合わせて上手に取り入れてみてくださいね。

ドライフルーツに混ぜたり、砕いてヨーグルトにトッピングしたりするのもおすすめです。

最近の私のおやつ↓

できれば避けたいおやつ

避けたいおやつ

糖質、脂質の多いおやつは、時々のお楽しみとして少量にしておきたいですね。

ショートケーキやシュークリームといった生クリームが多く使われているもの、ポテトチップなどのスナック菓子は、産後に限らずダイエット中は出来るだけ避けるのが安心です。脂肪の多い食品は乳腺炎の原因にもなります。

手作りに挑戦してみるのもひとつ

ヒューロムスロージューサーあっという間に下ごしらえ完了!って感じ

子供には体にいいものを食べてほしい。

多くの親はきっとそう願っているはず。そこで、私自身が実践しているのがスロージューサーを使ったお菓子作りです。

先日、ヨガママ友の紹介で最新のスロージューサーを買ってみました。

野菜嫌いを克服!2歳の子供が野菜の搾りかすがきっかけになりました!!で、実際に使っている様子を紹介しているんですが、スロージューサーは酵素をそのまま残して作れる圧縮ミキサーのようなもの(正式にはミキサー≠スロージューサー)。

ミキサーのように鋭い刃はなくて、圧縮して美味しいジュースを作ってくれます。圧縮だから搾りかすが出るんですけど、それをお菓子や料理、離乳食に活用しちゃおうってわけなんです。

子供の評判もいいし、自分が食べても何より美味しい!!

今はお金を出せば体にいいものがいろいろ買えます。けど、やっぱり手作りに勝るものってそうないんですよね。

子供には体にいいものを食べてほしい。

母乳に出るものも、子供を思うとママ自身も体にいいものを食べた方がいい。

つぼみママ
つぼみママ
健診でひっかっかて三女出産後、大腸カメラをした私。その後長男出産したあとに医師意見書を提出しなくてはならなくなった私が言うんだから、やっぱり体にいいものを普段から食べておきたいです!

健康的におやつも食べて、体を大事にしながらの産後ダイエットこそ、成功の秘訣だと思います!

食べるタイミングでもダイエットの効果は変わる!

食後2、3時間程度経過して、血糖値が安定したタイミングがおすすめです。また、午後2時~3時は、体内に脂肪を溜め込むタンパク質「ビーマルワン」の分泌が1日のうち最も少ない時間帯なので、他の時間に比べて太りにくいといえますね。

ですが、赤ちゃんが小さいうちは、睡眠時間にばらつきがある事も多くタイミングが難しいこともあるでしょう。あまり神経質にならず、お腹が空いたと感じた時に、ローカロリーで身体にプラスになる栄養豊富なおやつを少量食べましょう。

本当にお腹が空いているのか確認する方法として、まずハーブティーなど温かいノンカフェインの飲み物を飲んで、様子を見てみるのもおすすめです。胃に温かい飲み物が入ると、食欲が落ち着くことも。お茶の香りでリラックス効果もありますよ。

私は妊娠中からおいしい!【グリーンルイボスティー】を飲み続けています。以前、プレママ・ママイベントで試飲して飲みやすく、子供も気に入ったからです。

↑次女はべジストーリーちゃんが気に入ったっていうのもあるみたい。。。

飲むとほっこり落ち着いて、食欲をセーブできる・・・というか、急いでガシガシ食べなくなったので、ある程度、間食を抑えることができています。

産後こそ正しい食事とおやつで身体を整えるのが大事

育児で慌しい毎日を送るママにとって、おやつは心の栄養にもなります。あまり我慢しすぎず、適度に取り入れて上手にリフレッシュしましょう。

産後はきちんと栄養を摂り、まずは身体を整えることが大切。本格的なダイエットはその後からで十分です。

おやつの選び方ひとつで、太りにくく、必要な栄養も補え、元気な身体を作ることが出来ます。美味しく食べて、キレイと健康を手に入れ、毎日笑顔で過ごしましょ♪