運動

産後おばさん体型に!戻し方は6つのポイントでお腹もぺったんこ!!

産後おばさん体型
つぼみママ
つぼみママ
出産したら、もっと体重が落ちると思ったのに…

妊娠中の油断から、産後のおばさん体型に悩んでいるママ、多いですよね。だって、私もその一人で、悩みまくってます><

産後のおばさん体型から抜け出したくて、「痩せたい!」と思ってダイエットを始めても、育児の疲れや身体の不調などでなかなか思うように進まない・・・。

そう、産後のダイエットは思ったよりも辛く、大変なんです!!

でも、周りのママたちは産後も妊娠前と変わらず細くてきれいなママばかり。そんなママたちを見て、自分の体が恥ずかしくなるし、今まで着ていた服も着ることができず、かなり惨めな気持ちになっています・・・。。

そこで今回は、4回の出産を経験して産後のおばさん体型になった私が、脱!おばさん体型になった方法を紹介していきます。妊娠前の体型を取り戻す方法を知って、元に戻るんじゃなくて、もっときれいで若々しいママに変身しちゃいましょう!!

おばさん体型になる人とならない人ってどんな人?

おばさん体型

産後におばさん体型になってしまう人は、ずばり!

産前と産後の体のケアができていない人

です。

産前は、病院で体重の管理をしっかりと言われたにもかかわらず、産後体重のコントロールができなかった人がおばさん体型になっています。

私もその1人です。

なんと、妊娠中に12kgも増加してしまいました…。この増加した体重を落としていくのは、並大抵の努力ではとても大変です。

おばさん体型になりたくない人は、まずは産前の体重管理をしっかりするのが大事。産前の体重管理ができなかった人は、産後に頑張るしかありません。

産後の体のケアは後半でお伝えしますので、できることから始めてみましょう!

出産後、育児に疲れて何もやらないのではなく、心のゆとりがある時には体を動かしたり、食事に気をつかってみたり。一番簡単なのは○○しながらで、いろいろ取り組んでみるのがおすすめです。

出産後は、無理に体を動かしたり、食事を制限したりすると育児に支障をきたすこともあります。出産後の6~8週の間は、自分の体の回復や赤ちゃんの育児に専念してくださいね。

おばさん体型にならないための方法6つ

おなかぺたんこ

産後、おばさん体型から元の体型に戻すための方法を6つ紹介します。

どの方法も意識して行えば、確実におばさん体型とさよならができます。「脱!おばさん体型」という強い意志をしっかりと持って取り組みましょう!

①食事

産後ダイエットでとても効果的な方法は、食事です。しかし、母乳で育児をしている人にとって、食事はとても大切です。

食事の量を減らすのではなく、食事をバランスよくとり、間食を取り過ぎないように心がけましょう。

つぼみママ
つぼみママ
妊娠中にかなり体重が増加しましたが、和食や野菜中心の食事にしたり、間食を控えたりすることでおなかもしぼんでいき、おばさん体型から抜け出すことができました!

育児の疲れやストレスなどでついつい間食がやめられないママは産後ダイエットにおすすめおやつ5選!キレイに痩せる選び方のポイントを参考に^^

なんでも食べすぎはNGですけど、むしろおやつは食事にプラスできる栄養となっていい面もあるので、間食するおやつの選び方を間違わなければ心配なし!

授乳中でもOK!コンビニおすすめおやつ5選では、コンビニでも太りにくいおやつ紹介しています。おやつを変えてみる、気軽にできることから始めるのが長続きするポイントです。

②運動

産後、体が回復してきたら少しずつ運動をしてみると、心も体もリフレッシュできますよ!

私はヨガをしたり、散歩をしたりしました。また、家事をしながら運動はできないものかと…、雑巾がけを頑張りました(笑)毎日、家中の床を15分~30分かけて拭きました。

これをするだけで1人目出産後は、体重が1kg減り、2kg減り…、最終的には15kgの減量に成功しました!

家の中もきれいになりますし、体重も減りますし、一石二鳥ですね。

つぼみママ
つぼみママ
何も無理して走ろう!とか腹筋しよう!とかじゃなくていいんです。できることからやるのが大事!!

運動するくらいのつもりで、痩せたい部分のマッサージも、暇があればテレビ見ながらとかでやってます。緊急!脚・太ももやせを短期間で仕上げるバンビウォーターの口コミ!!で紹介したスリミングジェルを使って、より効果的に取り組んだら、1週間でその効果を実感しています!

運動が苦手なら代謝アップを目指すのもひとつ

運動が苦手だな・・・というなら、運動以外で代謝を上げてみるのも一つの方法。

短時間で汗をかく方法があった!健康・美容にもメリットいっぱいおすすめ7選!では汗をたくさんかけるようなバスソルトやダイエットベルトなど紹介しています。

自分が取り組みやすいところから、お財布と相談して挑戦してみるのも、おばさん体型から脱出する方法のひとつです!

③骨盤

骨盤

産後すぐに骨盤を矯正した方がいいのが骨盤です。何もしないで放置しておくと、骨盤が広がったままの状態になり、お尻が大きくなり、おばさん体型になってしまいます。

これを防ぐために、骨盤矯正ベルトを付けたり、整体に行って骨盤矯正をしてもらったりするのがおすすめです。

私は、産後1週間後から骨盤矯正ベルトをつけ始めました。すると、腰がしっかり支えられ、産前にあった腰痛もかなり緩和されました。

「骨盤を元に戻して姿勢もよくしたい!」とも思っていたので、お風呂とトイレ以外は骨盤ベルトをして、徐々に自分でサイズも調節し、より骨盤を締めるようにしました。

また、産後1か月健診でOKが出た後から整体に通い始め、骨盤を矯正してもらいました。

つぼみママ
つぼみママ
骨盤ベルトと骨盤矯正の2つの効果で、とても痩せやすくなったと実感しているし、授乳で猫背になっていたのも、かなり矯正され、おばさん特有の後ろ姿から脱却です!!

④姿勢

姿勢

おばさん体型から脱出するには、姿勢も大事です。猫背の姿勢は、脂肪を燃やす細胞の働きを鈍くしてしまいます。また、お肉がついてほしくないところにお肉がついてしまいます。

そこで、背伸びをしたり背筋を伸ばしたりして、脂肪を燃やす細胞の働きを活性化さちゃいましょう!背筋を伸ばして生活すると基礎代謝もあがりますので、姿勢を正すだけでもダイエット効果が得られますよ。

おばさん体型ママ
おばさん体型ママ
背中がガチガチに凝り固まってつらい・・・

そんな悩みも背中がガチガチ!5つの原因とヨガ・ストレッチで凝り解消と脱おばさん体型!!で紹介している通り、おばさん体型になる予兆!

姿勢一つ気を付けるだけで、いい方向に変わってくることは間違いありません!

年々基礎代謝すら下がって、お肉が付きがちなアラサー&アラフォー世代のママ。代謝を上げるには?40代女性が気軽にできるポイント2つ!で基礎代謝から上げてみるのも一つですよ。

⑤授乳の仕方

授乳をする時も、背筋を伸ばして行うように心がけてみるのもおすすめです。背中を壁にぴったりくっつけて、授乳クッションをしっかり使って胸の位置に赤ちゃんのお口がくるように授乳します。

これだけでも背中はピンっとするし、授乳クッション使っているとは言え、二の腕もけっこういい感じに。

脱!おばさん体型の授乳の仕方
  1. 背中を壁にぴったりくっつける(ものさしを背中に入れた感じ)
  2. 猫背(前傾姿勢)にならないように、授乳クッションをしっかり使って赤ちゃんの口が、胸までくるようにする
  3. 授乳

意外と簡単なんで、悩むことなくすぐできます!

また、ソファーやイスで授乳をするなら、座ったままできる脚やせエクササイズがおすすめ。こちらもやり方は、とても簡単です。

脱!おばさん体型の授乳しながら脚やせエクササイズ
  1. イスに座ります
  2. 両足を伸ばしたまま、背筋を伸ばして授乳
  3. 左右の太ももを口語に上げ下げします※腹筋に力を入れると姿勢が安定します

太ももの内側と腹筋に意識を向ければ、授乳をしながら、脚やせすることだってできちゃうんです。

つぼみママ
つぼみママ
心に余裕がある時は、ぜひ実践してみてくださいね^^

⑥痩せたい思い、そして目標

産後ダイエットはなかなか大変です。「痩せたい!」と思う強い意志がないと挫折してしまいます。目標を持って取り組むのが、頑張れるポイントです。

ぜひ、はっきりとした「目標体重は〇kg!」とか「ダイエットして、この服が着たい!」といった具体的な目標を持って取り組んでみてください。

つぼみママ
つぼみママ
私も、産後15kgの減量に成功できたのは、「痩せたい!」という思いと「絶対に15kg落としてやる!!」という強い意思、目標があったからです。

視覚で自分が痩せているのがわかると、かなりモチベーションが上がります。4人目出産後、これは本当にやばい!と思って買ったのが、OMRON(オムロン)の体重計でした。

体重や基礎代謝、内臓脂肪なんかがグラフでパッと見れるので、かなり気持ちが前向きになりました。体脂肪率なんか、恐ろしかったですもん・・・。でも、減っていくのを見ると、めっちゃテンション上がります!!

つぼみママ
つぼみママ
Bluetoothでスマホと連携できるのも、もっと痩せたい!って気持ちを強くしてくれます!

産後ダイエットができれば、周りのママからの憧れの的になること間違いなし!自分に合ったダイエット方法を実践して、おばさん体型から脱出しましょう!

まとめ

まとめ脱おばさん体型

今回は、産後のおばさん体型から元の体型に戻す6つの方法をご紹介しました。産前・産後の体のケアをしっかりと行うと、おばさん体型からさよならすることができます。

育児をしながらのダイエットはとても大変ですが、少しの努力と「痩せたい!」という強い意志があれば、必ず成功します!

産後のダイエットを成功させて、きれいで若々しいママを目指しましょう!