おすすめグッズ

野菜嫌いを克服!2歳の子供が野菜の搾りかすがきっかけになりました!!

ヒューロムスロージューサー
つぼみママ
つぼみママ
また野菜だけ残したのぉ~?!

こんにちは、7歳・5歳・2歳・11か月の4児を育てるつぼみママ(@specialyogalife)です。

うちの2歳になる三女はなかなか手ごわい野菜嫌い。

特に嫌いなのはほうれん草や小松菜といった緑色の葉っぱ類。もちろん、定番のピーマンもトマトも嫌いで、お皿に形ある状態で出すと、必ずと言っていいほど残します。

それでもそれなりに育ってくれている(とは言っても成長曲線から小さい方にはみ出している)ので、あまり気にしないようにしたいたのですが、最近偏食がひどくなってきたので、あれこれ手を焼いてます。

つい先日、ヨガママ友のつながりで新作で今注目されている電化製品を体験できる展示会に参加してきまして。そこで見つけたのが三女の野菜嫌いを克服するきっかけとなったヒューロムスロージューサー。

試飲で子供の反応がよかったのと、搾りかすに興味をもった野菜嫌いの三女(さすが2歳児、よくわからないところに興味がわくw)だったので、せっかくなので試してみることにしました!!

そしたら・・・野菜嫌いの克服のきっかけになったんです!!

>>>2019年最新機種!ヒューロムスロージューサーはこちら!

ヒューロムスロージューサーは食材そのものを味わえるジューサー

言葉で説明する前に、まずは動画でどんなものかご紹介します!

硬い食材からジューサーに投入していきます。2分20秒あたりに映っているように低速回転で圧縮され、ジュースと食物繊維に分かれていきます。

2分37秒から映っていますが、左が食物繊維などのかすとなったものが出てくるところ。右側がジュースとなって出てくる口。

1回で400mlくらい作れます。

ヒューロムスロージューサーとは、ミキサーとは違って

食材の繊維を除いて、圧縮してしぼったジュースを作ることができるジューサー

なんです。

我が家にあったごくごく普通のミキサーは、繊維もすべてウィーンという大きな音で粉々にして、ジュースも果肉も一緒にできる、というものでした。

さらさらのジュースにするとなると、自分で布巾とかでこす必要があったんですよね。それがヒューロムスロージューサーではその必要がありません。

そのかわり、動画で紹介した通り、繊維類は搾りかすとなって別で出てくる仕組みになっています。

ヒューロムスロージューサー圧縮された食物繊維類

別々に出てくるのは、育児・家事・仕事に・・・いろいろ忙しいママにはありがたい限り。

つぼみママ
つぼみママ
圧縮されてできるジュースこそ、本物の果汁100%ジュース!!

粉砕ではなく、圧縮!だけど時間はかからない!

ヒューロムスロージューサー思いほのか静かなヒューロムスロージューサー

これまでのミキサーはご存知の通り、大きな音を立てて勢いよくウィーンっと食材を粉砕してジュースにしていました。

圧縮なので、通常のミキサーのように一瞬ではジュースはできません。

しかし!

りんごと言った硬い果物でも、1個なら10秒くらいでジュースができちゃいます!

正回転⇒逆回転⇒正回転⇒逆回転・・・

と繰り返して、最後の最後まで絞り出してくれるので、我が家の場合

三女
三女
もうちょっと!あとちょっと!!うーん、うーん!!いけいけ!!!

と勝手に盛り上がってくれる三女です(笑)

つぼみママ
つぼみママ
あれ~、野菜嫌いなのに、ここは食いついてくれるのね!

視覚でも味覚でも食材そのものを味わえる

ヒューロムスロージューサーヒューロムスロージューサー

見ての通り、ジュースと食物繊維類のかすが両方出てきます。子供にとってはとても不思議なようです。

ヒューロムスロージューサー意外としっとりしてる

手に取ってもしっとりふわぱら。

ヒューロムスロージューサーこのままでもおいしく食べられました!

我が家ではジュースはそのままで飲みますが、残った繊維類はカレーやハンバーグにいれることが多いです。

離乳食の応用として、餃子に入れてみると、生後10か月の長男の食べっぷりは半端ない!!

ヒューロムスロージューサー搾りかす野菜たっぷり餃子!

子供と一緒にクッキーを焼くときも、あえて混ぜてみると・・・

ヒューロムスロージューサークッキーも混ぜるだけで簡単にできる
三女
三女
にんじんクッキー?にんじん色なるかな~?

と楽しみにしてくれます。

ジュースも水で薄まることもないから、発色がよくて飲んでくれます。

ヒューロムスロージューサーほうれん草と小松菜とレモンのジュース

ちょっと恐る恐るな三女(笑)

ヒューロムスロージューサー野菜嫌い克服も近いのか?!

果肉を残したタイプのジュースを作ることもできるので、これがきっかけで、なんとなーく、本当になんとなーくで、野菜を口にするようになってくれました!

つぼみママ
つぼみママ
まだ完全じゃないけど、ちょっとは前進できただけでも母は嬉しいです!野菜嫌い克服も近い気がする!!

>>>食育しながら野菜嫌いを克服できたヒューロムスロージューサー

ヒューロムスロージューサー大根おろしもあっという間

大人向けというか、私好みとしては大根おろしもすごい優しくできるので、夏はおろしそば、冬は雪見鍋、と、楽しめています。

ヒューロムスロージューサー冬は雪見鍋で決まり!

大人も楽しまないと、結局は台所の片隅においやられちゃいますからね。

ミキサーよりも静かな設計

ミキサーはいつ使っても、すごい音ですよね。子供がお昼寝しているときなんかは絶対NG!

ヒューロムスロージューサーはミキサーに比べたら、かなり静かな設計になっています。

が、掃除機と同じくらいの音は出るので、うるさいと言えばうるさいかも・・・。その実際の音はこちら↓

平均50dBくらいで、最初と約30秒あたりで硬いにんじんを圧縮するのに60dBを超える大きさに一瞬なった程度。

この一瞬出た60dBというのが掃除機と同じくらいの騒音。

ミキサーほどではないし、圧縮されてでてくる楽しみの方が大きいから、子供たちはテレビの音が多少かき消されたとしても、我慢してくれます。

子供も安全に扱いやすいのが魅力

ヒューロムスロージューサー刃っぽくないスクリュー

ヒューロムスロージューサーには刃がありません。

ヒューロムスロージューサー食材を絞るスクリュー

食材を圧縮して絞ってくれるスクリューと

ヒューロムスロージューサー均一にかき混ぜちゃうよ~

カップについた食物繊維などをそぎ落したり、ジュースを均一にかき混ぜてくれる役割をする回転ブラシが、ミキサーの刃の役割を担ってくれています。

つぼみママ
つぼみママ
子供もけがをしにくい設計なのは、お手伝いしてもらいやすいし、嬉しい設計!

ジュースの開け口も簡単に開け閉めできるから

ヒューロムスロージューサーひょいってできちゃう簡単さ

手が離せなくても、子供にお任せできちゃいます。

ヒューロムスロージューサー自宅でドリンクバーなんて贅沢

ドリンクバーに行った気分になれるという(笑)

アレンジ次第でママの健康にも大活躍!

子供の野菜嫌い克服はもちろんですが、作る主体はやっぱりママ。

私は4人の子供を産んでから、自分の健康についてよく考えるようになりました。

つい先日も職場の健康診断では特に異常がなかったはずなのに、職場からは医師意見書の提出を求められて・・・。

医師意見書送られてきた医師意見書

毎年、健康診断は受けていますが、やっぱりこういうのを見ると怖くなりますよね。三女出産のあとは大腸カメラをやらざるを得なかったし、トホホです、本当。

ヒューロムスロージューサーだと、酵素を可能な限り生かした状態でスムージーも作れるし、青汁だって作れるし、ママの健康にはもってこいのスロージューサーです。

つぼみママ
つぼみママ
搾りかすで焼いたクッキーなんかをおやつにして、健康的なおやつ生活もいいなって、最近思えるようになってきました。

スムージー好きなら鮮度長持ち真空ミキサー!

真空ミキサー真空ミキサーの真空タンブラー

最新家電の展示会では、真空ミキサーというものにも出会いました。

スムージー好きにはもってこい!で、真空保存できるタンブラーがセットになっています。

スムージーは時間が経つとどんどん酸化が進んで、本来の味や色を楽しむことができません。せっかくきれいなグリーンも、気が付いたら茶ばんでいること、我が家ではよくあります。

真空ミキサーではタンブラーごと真空で保てるので、いつまでたっても(最長8時間)新鮮なままで飲むことができます。

私はヨガが好きなので、よく外でもヨガをやるんですが・・・スムージーを持参してヨガをしているおしゃれな方とかたまにいるんですよね。

つぼみママ
つぼみママ
いつか私もそんな人になってみたいなぁ・・・

なんてちょっと夢を見ていたら、野菜嫌いの三女は美味しくいただいていました。

真空ミキサーあっという間にスムージー飲んじゃった三女

やっぱ、美味しいのって子供はわかるんですよね。

まとめ

ヒューロムスロージューサーは子供の野菜嫌いを克服するのに、とっても大活躍してくれる存在というのがわかりました。

野菜嫌い克服だけでなく、絞ってできたジュースとそこから出てくる搾りかすの活用。自然と食育にもつながるのが魅力でもあります。

うちは上の3人が女の子なので、お料理には興味深々な様子。ヒューロムスロージューサーを使って、より料理や食材への興味関心が深まってくれると、母としては嬉しい限りです。

そして、何より健康第一ですから、私自身、体をもう少し労わってあげたいなって思います。

私が使ってみたヒューロムスロージューサーはこちら↓

ヒューロムスロージューサー公式サイト